ダンマパダ 第7章 真人(90〜99) 世人の楽しまないところにおいて、愛著なき人々は楽しむであろう。

90.すでに(人生の)旅路を終え、憂いを離れ、あらゆることがらにくつろいで、あらゆる束縛の絆を逃れた人には、悩みは存在しない。

91.心をとどめている人々は努めはげむ。かれらは住居を楽しまない。白鳥が池を立ち去るように、かれらはあの家、この家を捨てる。

92.財を蓄えることなく、食物についてその本性を知り、その人々の解脱の境地は空にして無相であるならば、かれらの行く路(=足跡)は知り難い。 — 空とぶ鳥の迹の知り難いように。

93.その人の汚れは消え失せ、食物をむさぼらず、その人の解脱の境地は空にして無相であるならば、かれの足跡は知り難い。— 空とぶ鳥の迹の知り難いように。

94.御者が馬をよく慣らしたように、おのが感官を静め、高ぶりをすて汚れのなくなった人 — このような境地にある人を神々でさえも羨む。

95.大地のように逆らうことなく、門のしまりのように慎み深く、(深い)湖は汚れた泥がないように — そのような境地にある人には、もはや生死の世は絶たれている。

96.正しい知慧によって解脱して、やすらいに帰した人 — そのような人の心は静かである。言葉も静かである。行いも静かである。

97.何ものかを信ずることなく、作られざるもの(=ニルヴァーナ)を知り、生死の絆を断ち、(善悪をなすに)よしなく、欲求を捨て去った人、 — かれこそ実に最上の人である。

98.村でも、林にせよ、低地にせよ、平地にせよ、聖者の住む土地は楽しい。

99.人のいない林は楽しい。世人の楽しまないところにおいて、愛著なき人々は楽しむであろう。彼らは快楽を求めないからである。

『ダンマパダ』(中村元・訳)

今すぐ会員登録する

こちらのコンテンツを見るには、今すぐ会員登録してください。

  会員登録

会員の方はログイン

>ブッダかずひさパートナーシップ

ブッダかずひさパートナーシップ

ブッダかずひさの音楽活動を応援する
収益は全て音楽活動に還元