ログイン 会員登録
ブッダかずひさ│ブッダかずひさ.COM

ブッダかずひさ

私は2017年4月に悟りを開きました。

これから、その悟りの教えを説いていきたいと思います。

私の使命はみなさんをブッダにすること。

悟りは誰にでも開けます。

ブッダは特別な存在ではありません。

 

 

HISTORY

1985年、大阪生まれ。

先祖は源氏と藤原氏の流れであり、代々神社の神主をしていた。

父は神主、母は巫女という霊的なアイデンティティを持つ両親のもとに生まれた。

幼少期、サードアイが覚醒する。

1995年(10歳)、小学校の校庭キャンプ中、夜中に空を指差して「UFOだ!」と叫び、話題になるが、本人には記憶がない。

この頃から宇宙に興味を持つようになった。

2001年(16歳)、ギターを引き始めると同時に、作詞作曲を始める。

2006年(20歳)、京都にて神主になるためのカリキュラムを修了し、神主としてのキャリアをスタートさせた。

2009年4月(23歳)〜2014年9月(29歳)、音楽プロデューサーとして活動。

2011年6月(25歳)、実家神社にて本格的に神主として奉仕し始める。

2012年1月(26歳)、神道だけではなく、陰陽道、ヨガ、仏教、古神道などの幅広い霊的分野に傾倒し始める。

2014年10月(29歳)、めぐり研究所のともみと結婚する。

2015年4月(29歳)〜2016年6月(30歳)、実家神社に引きこもり、霊的修行を行う。

ある時、二人の神に「死者の霊を弔う使命」を言い渡され、ヒーリング、お祓い、除霊、浄霊などについて、より実際的な霊能を教わる。

2016年3月(30歳)、仏教の某宗で得度し、出家者となる。

2016年6月(30歳)、重度のバセドウ病で死にかけ、10日間入院する。

それを期に、人生は儚いものだと思うようになり、それまでのような流されるままの生き方を一から見直す。

実家神社の後継になることに疑問を感じ始め、妻と猫と幸せに暮らすことに焦点を当てた人生を模索し始める。

2016年11月(31歳)、自宅マンションのベランダで瞑想中、サマディを体験。

意識が拡大し、身体が浮き上がる感覚になり、胎蔵界曼荼羅が近づいてくる。

それは神秘体験ではあったが、あくまで神秘体験の領域であり、「悟り」とは言えなかった。

2017年4月(31歳)、自宅マンションのベッドルームで悟りを開き、ブッダになる。

2017年10月(32歳)〜2019年4月(33歳)、大阪のとある神社で宮司を務める。

2018年3月(32歳)、めぐり研究所を結成。

2018年9月(33歳)、山口県山口市阿東に移住することを決意。

実家神社の後継になることや、宮司をしていた神社での未来を放棄することを決意し、準備を進める。

2019年3月(33歳)、悟りを世界に広めるべく、「ブッダかずひさ」としての活動を開始。

2019年5月(33歳)、大阪から山口県に移住。

現在に至る。

 

※熱心なファンやアンチによる突を防ぐため、第三者の固有名詞などはあえて曇らせています。

BIOGRAPHY

職業:宗教家

生誕:1985年9月24日生

性別:男性

血液型:O

産土大神:八幡大神

ドーシャ:ピッタヴァータ

格局:日主身強・正財格

出身星:リラ→シリウス→地球

前世:旅の僧侶→日本兵→現在

好きな食べ物:米

好きな飲み物:水

趣味:ビジネス

居住地:山口県山口市の山奥

 

FOLLOW

 

 LINK

めぐり研究所